会員専用コンテンツ配信中 無料会員登録 会員ページログイン

医学生

キャリア形成プログラム(期間:10年)


若手医師が大阪府において、医師としての基本的能力から学術的知識・能力などを通して、幅広い診療能力を身に着け、高度医療から地域医療に貢献・実践できることを目的としたキャリアパス・プログラムです。
基幹施設・関連・協力施設のプログラムにより専門医取得を目指し、更により専門性を高めるサブスペシャルティ、あるいは指導医を目指し、様々な施設での経験を積むことによるキャリア形成を支援します。プログラム修了の10年後には、最高の医療を提供できる医師を目指します。
またキャリア形成プログラムの仕組みが、大阪府の医師定着だけでなく、地域偏在、診療科偏在に寄与し、大阪府全体の『医療の質』向上に繋がると考えています。

大阪府での歩み

卒後臨床研修2年間 大阪府の5大学病院・臨床研修指定病院 各診療科基礎習得3〜5年 大学連携病院 専門医研修・取得 6年目以降 ・大学・連携施設 ・大学院博士課程(原則4年) ・学位取得 ・サブスペシャルティ取得 など ・スタッフとして勤務 ・留学 ・サブスペシャルティの追加研修 など 24歳 26歳 29歳 32歳

卒後臨床研修(初期研修)

大学医学部卒業(医師免許取得)後、2004年に必修化された研修制度。
医師としての人格を涵養すると同時に基本的診療能力を身に着けるため、各臨床研修病院が作成した2年間のプログラム※注にて研修を行います。研修は、大学病院や臨床研修指定病院で実施され、研修先はコンピューターによるマッチングシステムにて決定されます。

※注)プログラムは、原則として「内科24週、救急12週、外科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療は各4週以上、選択科48週」で構成されています。

専門医制度(専門研修)

2018年にスタートとした専門医制度は、基本領域19診療科で構成されています。基本領域の専門医取得後にサブスペシャルティ領域の専門医を取得する「2段階」方式です。プログラム(3年~5年)は、基幹施設と連携施設などの病院群で形成され、それら施設をローテートすることにより、症例などを経験します。運営は、一般社団法人 日本専門医機構、毎年秋以降に希望するプログラムを登録する仕組みになっています。

カリキュラム制について

専攻医の研修登録はプログラム制が基本となりますが、以下の場合にはカリキュラム制を選択できます。なお、カリキュラム制を選択される場合は、領域学会ならびに日本専門医機構の承認が必要となります。

1)義務年限を有する医科大学卒業生、地域医療従事者(地域枠医師等)
2)出産、育児、介護などのライフイベントにより、休職・離職を選択する医師
3)海外・国内留学する医師
4)その他領域学会と機構が認めた相当の合理的な理由の場合

※平成30年度第4回厚生労働省医道審議会専門研修部 会日本専門医機構提供資料より

※サブスペシャルティ領域の専門医制度は2022年4月に認定を開始する予定です。